企業の方もスパコンを利用できます

利用料金の詳細

スーパーコンピュータ

メール利用方法

username@hgc.jp のメールサービスのマニュアルです。
※ HGC メールサービスは 2019 年 1 月 31 日に終了しました。

当センターからのお知らせは、このメールアドレスに送付します。必ずお読みいただける状態にしておいてください。普段お使いのメールアドレスに転送していただいても構いません。

  • アカウント申請書にて申請時に username@hgc.jp のメールアドレスの管理を HGC が行うを選択した場合は、アカウント申請書に記載のメールアドレスに転送されるように設定しています。メールアドレスが変更になった場合は、スパコンサポート係まで連絡してください。
パラメータ
送信サーバ、
受信サーバ
mail.securemx.jp
アカウント名スパコンのアカウント名@hgc.jp
パスワードメール用のパスワード (スパコンとは別です)
SMTP、SMTP/SSL、
Submission ポート
25、 465、587
(25 は HGC ネットからのみ接続できます)
POP3、POP3/SSL、
IMAP、IMAP/SSL ポート
110、995、143、993
(SSL を使ったプロトコルを推奨)
Web インタフェース
メールアカウントの設定
(パスワードの変更、メールの転送)
ユーザサポートページ
Web メールの利用
(メールの確認、送信)
Web メール (Active! mail)
メールアドレスフィルタセキュア MX ポータル
制限事項
送信メール最大サイズ100 MB
送信時の制限1 通あたり 300 宛先、5 分間に 300 通
受信メールの添付ファイルにウィルスが含まれていた時の動作 駆除できる場合は駆除し、受信者にメールを送信。駆除できない場合は、添付ファイルを削除して警告メッセージを受信者に送信
スパムメール対策スパムメールと判断されたメールの件名に [SPAM] タグを付加
SMTP 接続許可範囲インターネット全体、SMTP-AUTH 必須
  • 送信通数は、宛先数分となります。300 宛先に 1 通のメールを送信すると、送信後 5 分間はメールを送信できません。
  • ウィルスに感染した添付ファイルからウィルスのみを取り除ける場合は、ウィルスを駆除します。駆除できない場合は、添付ファイルを削除します。

ユーザサポートページへのログイン

ブラウザで ユーザサポートページ にアクセスします。メールアドレスとメールパスワードを入力し、"ログイン" をクリックします。
mail_smx_01.png

パスワードの変更

ユーザサポートページ にログイン後、"サービスの設定と利用" をクリックします。 mail_smx_02

"メールパスワード変更" をクリックします。 mail_smx_03

変更後のパスワードを入力し、"変更" をクリックします。 mail_smx_04

メールの転送

ユーザサポートページ にログイン後、"サービスの設定と利用" をクリックします。 mail_smx_02

"メール転送設定" をクリックします。 mail_smx_05

転送先メールアドレスを入力し、"設定" をクリックします。 mail_smx_06

Web メールへのログイン

ブラウザで Web メール (Active! mail) にアクセスします。ユーザ ID (メールアドレス) とパスワードを入力し、"ログイン" をクリックします。
webmail_smx_01

メールアドレスフィルタ

メールアドレスフィルタ管理のアカウントは、メールと独立しています。アカウントは自動で作成されます。初期パスワードはメールのパスワードと同じです。

以下の設定を行うと、特定の差出人から届いたメールを常に受信/常に拒否するよう設定することができます。

ブラウザで セキュア MX ポータル にアクセスします。ログイン画面が表示されるので、メールアドレスとパスワードを入力します。 securemx_portal01

セキュア MX ポータル にログイン後、"個人設定" をクリックします。 securemx_portal02

特定の差出人から届いたメールを常に受信したい場合は"受信許可リスト"、常に拒否したい場合は"受信拒否リスト" をクリックします。 securemx_portal03

常に受信/常に拒否したいメールアドレスをリストに追加し、"保存"をクリックします securemx_portal04

ページトップへ ページトップへ

医科学研究所 東京大学

Copyright©2005-2019 Human Genome Center