企業の方もスパコンを利用できます

利用料金の詳細

スーパーコンピュータ

新規利用手続き

スパコンのご利用にあたっては、利用規程に同意をいただいております。またご利用中にはこの規程を遵守してください。

スパコンを新規利用するまでの流れは以下の通りです。

  1. 申請書の送付
  2. ヒトゲノム解析センターによる審査
  3. 利用開始

1. 申請書の送付

新規利用申請に際しては、基本 2 種類の申請書を提出していただく必要があります。

  • 計算機システム利用申請書
  • スパコンシステムの利用申請書です。新規、変更、停止の各種申請時に必ず提出します。提出方法は、下記住所に郵送してください。
    〒108-8639 港区白金台 4-6-1 東京大学医科学研究所 総合研究棟 8 F
    スパコンサポート係
  • アカウント申請書
  • スパコンを使用するためのアカウントを作成するための申請書です。アカウントを追加する際もこの申請書を利用します。提出方法、下記メールアドレスに送付してください。
    複数のアカウントを必要としない場合、提出する必要はありません。
    support@hgc.jp
    スパコンサポート係

計算機システム利用申請書 (SHIROKANE、 学術/民間 共通)

Excel 形式 (Windows 用)
Excel 形式 (Mac 用)

アカウント申請書 (SHIROKANE、 学術/民間 共通)

Excel 形式 (Windows/Mac 共通)

2. 審査

計算機システム利用申請書の記載内容を確認し、ヒトゲノム解析センターによる審査を行います。
ゲノム研究を通じてライフサイエンス分野の振興を促進し、国民の健康医療の向上及び教育に供することを目的としており、次のいずれかに該当する方がご利用いただけます。

大学院、大学、高等専門学校及び大学共同利用機関の教職員及び学生
文部科学省等中央省庁所管の独立行政法人に所属し、専ら研究に従事する者
学術研究を目的とする国又は自治体が所轄する機関に所属し、専ら研究に従事する者
学術研究を目的とする機関で東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長 (以下「センター長」という。) が認める機関に所属し、専ら研究に従事する者
科学研究補助金等の交付を受けて学術研究を行う者
上記までに該当する者が所属する機関との契約により共同研究に研究分担者として参加し、専ら研究に従事する者
民間企業その他の法人に所属する者で、センター長、もしくは計算機システム運営委員会が審査規程に基づく審査を行い、利用を認められた者
前各号に掲げる者のほか、特にセンター長が認めた者

3. 利用開始

審査で問題ないと判断されたら、スパコンを利用できます。スパコンを利用する際に、使用するアカウントは、提出いただいたアカウント申請書の内容をもとに作成します。作成できましたら、パスワードが記載された利用認定書を封書でお届けします。

手続でよくあるお問い合わせ

アカウントを追加する方法について教えてください

アカウント申請書に必要事項を記入してスパコンサポート係までメールで申請してください。追加が終わり次第、メールにてご連絡いたします (パスワードはユーザ宛に郵送します)。新規にお申し込みされる代表者の方は、新規利用申請書もご提出ください。

スパコンのアカウントの文字数及び文字に制限はありますか?

スパコンのアカウントの最大文字数は 8 文字です。

利用できる文字は、英数字 (a-z, -, _) と数字 (1-9, 0) です。

利用申請書にある「経理責任者」とは大学の経理課担当者か、それとも研究室の経理担当者か

「経理責任者」の欄には、機関としての支払い権限がある方をご記入ください。機関によりますが、通常は、経理課長や事務部長などになります。 お手数ではありますが、研究室の経理担当者ではなく、大学の担当部署にご依頼ください。

年度末まで利用するつもりでしたが、年度内で途中解約したいです。解約金は発生しますか?

解約金は発生しません。利用負担金については、申し込み月から解約月の月末までの料金が発生します。

○○の経費でお支払いができるでしょうか?

当センターではお支払い元経費に関する規則はございません。ご所属の機関で確認してください。

請求時期について教えてください

基本的には、月々後払いの場合は利用月の翌月、一括払いの場合は利用期間の最終月の前月です。請求時期の希望がある場合は、ご連絡をお願いします。

ページトップへ ページトップへ

医科学研究所 東京大学

Copyright©2005-2019 Human Genome Center