企業の方もスパコンを利用できます

利用料金の詳細

スーパーコンピュータ

SHIROKANE の利用料金

平成 29 年度のスーパーコンピュータシステム SHIROKANE の利用料金は以下のとおりです。

SHIROKANE 学術機関向け料金表

PDF 版 SHIROKANE 学術課金表English SHIROKANE 学術機関向け料金表

利用可能な Univa Grid Engine のキューとスロット数 (学術)

SHIROKANE 学術機関向けコースの利用可能な Univa Grid Engine のキューとスロット数

SHIROKANE 民間機関向け料金表

PDF 版 SHIROKANE 民間課金表English SHIROKANE 民間機関向け料金表

利用可能な Univa Grid Engine のキューとスロット数 (民間)

SHIROKANE 民間機関向けコースの利用可能な Univa Grid Engine のキューとスロット数

  • 無料のコースから大規模専有のコースまで用意しています。
  • 細やかなリソース追加が可能です。
  • 申請内容は月ごとに変更できます。
  • 企業もご利用いただけます。
  • 大学等の学術研究機関に所属の方の利用料金は、科研費などでお支払いも可能です。また、年度末等にまとめてお支払いいただくこともできます。
  • 月々での支払方法の他に、使用開始時の一括払いもできます。
  • 審査には、土・日・祝日と 12 月 29 日から 1 月 3 日までを除いた 5 日間が必要です。
  • 利用規程や課金表は毎年度見直しを行います。
  • 1 ユーザが 128 以上の UGE ジョブを同時に実行するためには、HGC スパコンライセンス認定試験を受験し合格する必要があります。

平成 29 年 3 月以前から Shirokane3 をご利用の方へ

Shirokane4 増設に関する変更点

当センターでは、平成 29 年 4 月から、Shirokane3 に Shirokane4 を増設したスーパーコンピュータシステム SHIROKANE の運用を開始いたしました。既にご利用いただいているコース料金に変更はありません。

Shirokane4 の増設による追加部分は、以下の通りです。Shirokane4 は、Shirokane3 と一体として運用いたします。

  • ホーム Disk を 18 P バイト (3 ファイルシステム) 追加
  • 計算ノードを 140 ノード (145 TFLOPS) 追加
  • アーカイブディスクのキャッシュエリアを 3 P バイト増強

Shirokane4 を加えた SHIROKANE は、ホーム Disk の課金額を変更し、利用コースのホーム Disk を増加しました。詳細は、以下の通りです。

  • ホーム Disk 追加の料金を変更します。
    (1 TiB 単位の料金です。)
種別2017 年 3 月まで2017 年 4 月から
年額月額年額月額
学術¥ 60,000¥ 5,000¥ 36,000¥ 3,000
民間¥ 120,000¥ 10,000¥ 72,000¥ 6,000
  • 利用コースの名称が以下のとおり変更となり、利用できるホームディスクが増加します。
2017 年 3 月までの Shirokane32017 年 4 月からの SHIROKANE
コース名ホーム Diskコース名ホーム Disk
容量ファイル数容量ファイル数
無料
試用
1 GiB1,000無料
試用
100 GiB1,000
C1
G1
1 TiB1 MD1
H1
2 TiB2 M
C2
G2
1 TiB1 MD2
H2
2 TiB2 M
C3
G3
2 TiB2 MD3
H3
3 TiB3 M
C4
G4
4 TiB4 MD4
H4
6 TiB6 M
C5
G5
8 TiB8 MD5
H5
12 TiB12 M
C6
G6
16 TiB16 MD6
H6
24 TiB24 M
C7
G7
32 TiB32 MD7
H7
48 TiB48 M
C8
G8
64 TiB64 MD8
H8
96 TiB96 M
C9
G9
128 TiB128 MD9
H9
192 TiB192 M
  • 利用コースやホーム Disk 追加の内容を変更する場合は、計算機システム利用申請書をご提出お願いします。

他の計算機の過去の利用料金

計算機システムの過去の利用料金はこちらです。

ページトップへ ページトップへ

医科学研究所 東京大学

Copyright©2005-2018 Human Genome Center