企業の方もスパコンを利用できます

利用料金の詳細

スーパーコンピュータ

Shirokane3 の利用案内

2015 年 4 月から次期スーパーコンピュータシステム Shirokane3 の運用を開始します。

Shirokane3 運用開始までのスケジュール

2015/3/31
Shirokane2 一部運用終了
2015/4/13
Shirokane3 先行利用開始 (※)
2015/4 中旬
Shirokane3 利用申請書受付開始
2015/5/1
Shirokane3 課金運用開始

※ 先行利用開始日は前後する場合があります。

Shirokane3 の先行利用と Shirokane2 からのデータのコピー方法

4 月 13 日 〜 4 月 30 日の先行利用期間中は、 Shirokane2 の利用者であればどなたでも Shirokane3 を利用することができます。 この期間の Shirokane3 の利用に対する利用申請書の提出、および課金は不要です。

先行利用の際は、Shirokane3 のホームディレクトリとして空の新しいディレクトリを用意します。必要に応じて Shirokane2 からデータをコピーしてください。

Shirokane2 のホームディレクトリが sshare4 に存在するユーザは Shirokane3 の任意のノードでデータをコピーすることができます。Shirokane2 のデータは /home_s2/username/ としてアクセスすることができます。

例: Shirokane2 のホームディレクトリのデータ (ディレクトリやファイル) を Shirokane3 のホームディレクトリにコピーする場合 $ cp -vpr /home_s2/username/test_data /home/username/test_data

Shirokane2 のホームディレクトリが nshare3 に存在するユーザのためには、データコピー用のキューとして cp.q を Shirokane3 に用意します。Shirokane2 のデータは cp.q から /home_s2/username/ としてアクセスすることができます。cp.q に qlogin してインタラクティブにコピーするか、コピージョブを qsub してデータコピーを実施してください。cp.q 以外のノードではデータコピーはできません。

例: Shirokane2 から Shirokane3 へデータをコピーするスクリプトの例 #!/bin/bash
#$ -S /bin/bash
#$ -cwd
SRC="/home_s2/username"
DEST="/home/username"
cp -vpr $SRC/test_data $DEST/test_data

例: 上記のスクリプト例のファイルを qsub する例 $ qsub -l cp [scipt filename]

自分のホームディレクトリがどのホームディスク上にあるかは、以下の URL に記載している手順で確認できます。
https://supcom.hgc.jp/japanese/utili_info/manual/faq.html#4558

Shirokane2 から Shirokane3 への引越し

Shirokane3 の課金運用開始後、Shirokane2 の利用者は Shirokane2 の利用期間の途中であっても Shirokane3 へ引越しすることができます。この場合、移行日の前月までは Shirokane2 の利用分、移行日の月からは Shirokane3 の利用分が課金されます。移行した月に Shirokane2 と Shirokane3 の両方に課金されることはありません。

Shirokane3 と Shirokane2 両方をご利用になる場合は、それぞれに課金されます。

Shirokane2 から Shirokane3 に引越しをする場合、Shirokane2 で利用していたホームディレクトリの場所によって、Shirokane3 のホームディレクトリの場所が決まります。

Shirokane2 のホームディレクトリが sshare4 だった場合
  • Shirokane2 のホームディレクトリがそのまま Shirokane3 のホームディレクトリになります。
  • Shirokane2 からの引越しのときにデータ移行を行う必要はありません。
  • Shirokane3 先行利用時に使用したホームディレクトリは使えなくなります。 (先行利用時に使用したホームディレクトリは、 1 か月間、絶対パスでアクセスできるようにします)
Shirokane2 のホームディレクトリが nshare3 だった場合
  • Shirokane3 先行利用時に使用したホームディレクトリが Shirokane3 のホームディレクトリになります。
  • Shirokane2 からの引越しのときには、Shirokane2 で利用していたデータを Shirokane3 へ移行してください。 (例えば、上の「Shirokane2 からのデータのコピー方法」によって)
引越しせずに Shirokane2 と Shirokane3 の両方を利用する場合
  • Shirokane3 先行利用時に使用したホームディレクトリが Shirokane3 のホームディレクトリになります。
  • Shirokane2 のホームディレクトリはそのまま利用できます。

Shirokane3 の利用申請

Shirokane3 の利用申請を受け付けています。

Shirokane3 の利用料金

こちらをご覧ください。

Shirokane3 の使い方

こちらをご覧ください。 このページは随時更新予定です。

ページトップへ ページトップへ

医科学研究所 東京大学

Copyright©2005-2020 Human Genome Center